宇宙に想いを馳せる


子供ふたり(小3・小1)を車に乗せて走っていると、かなりの確率で「ブラックホールはどうなっているのか」という話になります。

意味分かんないでしょっ!?

そこからは毎度、星の一生の話になり「多分・・・」とか「よく知らないけど・・・」と、わたしなりにどうにか説明しようと頑張ります。

しかしそれももう限界!

宇宙の図鑑を買ってもらいました(ばぁばに)。

ブラックホールについては、120ページから4ページに渡って書いてあります。

いや!むしろ1冊すべてブラックホールの本はなかったのか!?

次男は付属のDVDを熱心に見ていますが、やはりの一言

「恐竜の方がおもしろい」

そうだろうな。。。