わが家の高利貸し


次男(小1)はおやつを、あればあるだけ食べてしまうタイプ。

対して長男(小3)は、大切に食べるタイプ。

わが家はおやつを買いおきしないので、家にあるおやつは長男のものだけという場合が多いです。

どうしてもじゃがりこを食べたい夫が

「後で買って返すから!」と長男にお願いしていましたが、却下。

「じゃあ200円で買うから!」の交渉に、OK。

わたしがその200円で、じゃがりこを2個買ってきました。

長男・・・高利貸しかよ。

その後わたしがチョコを、夫がポッキーを分けてもらって、新しいおやつを一箱進呈しました。

こうして長男だけ、どんどんおやつが貯まるシステム。